(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス/業務事例紹介
  
【業務紹介】  [KEYWORD] 品質管理関係
巨大インフラの維持・管理 〜弥栄ダム自動観測装置保守点検〜  (掲載:2013.1.16)

業務内容

 国土交通省中国地方整備局の所轄する弥栄ダムは、広島県と山口県の県境を流れる小瀬川に建設されたダムです。弥栄ダムは、堤高120.0m、総貯水容量112百万m3と中国地方最大規模の重力式コンクリートダムで、小瀬川の洪水調節・河川環境保全・都市用水・発電を目的とした多目的ダムです。
 この重要なダムの管理を行うため、様々な観測機器が設置されています。主な観測機器として、ダムの安全管理を目的とした地震計、たわみ計、漏水量計、埋設計器などのダム堤体観測装置、流域の気象情報を把握することを目的とした水位計、雨量計、風向風速計などの気象観測装置、貯水池の環境保全を目的とした濁度計、pH計などの水質観測装置が整備されています。これらの観測機器を保守・点検するためには、計測技術や電気的な技術はもちろんのこと、地震、気象、水質など幅広い分野の知識を必要とします。
 当社では、これら観測機器の保守点検や観測機器更新の受注実績があり、観測機器を正常に保つことで弥栄ダムの運用に寄与しています。これからも、当社の総合的な技術で、様々な分野に貢献できるよう、より一層技術研鑽して参ります。
 

ダム管理所内観測装置

雨量観測所
 

下流側から望む弥栄ダム
(写真提供:国土交通省中国地方整備局弥栄ダム管理所)
 

 
矢印業務事例一覧へ戻る


Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら