(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス/業務事例紹介
  
【業務紹介】  [KEYWORD] 文化財、情報開示
世界遺産 原爆ドーム管理システム構築 / 広島県広島市 (2007)

業務内容

2007年に原爆ドーム(広島市)は世界遺産登録10周年を迎えました。広島市は、人類の負の遺産とも言えるこの原爆ドームを次世代に継承していくため、永久保存に向け、過去の補修工事や調査資料をデジタル化して一元管理する「原爆ドーム管理システム」を構築しました。当社はこのシステム作成に係わっています。
この「原爆ドーム管理システム」は、世界遺産登録された1996年度の写真及び測量データをもとに、ドームの全体像を3DCGで再現し、あらゆる角度から遺産登録時の姿を細部にわたって見ることができるシステムです。過去3回(1967、1989、2002年度)の保存工事や健全度調査(1992〜2005年)の記録を収め、各部位ごとの劣化状況や修復経過も把握できます。また、約1700枚のドームの写真や図面、文献、調査報告書などもデジタル化し、データベース化しています。
今後、これまでの資料に加え、本システムにデータを記録、蓄積していくことにより、原爆ドームの保存方法を検討する重要な参考資料となることが期待されています。また、本システムそのものが原爆ドームの貴重な資料でもあることから、広い分野での情報提供が検討されています。
スタート画面
システムスタート画面

システム構成
管理システムの構成

 
矢印業務事例一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら