(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス/業務事例紹介
  
【業務紹介】  [KEYWORD] 計測管理
既設鉄骨鉄筋コンクリート建築物躯体損傷調査業務 / 広島県他

業務内容
本調査は、既設鉄筋コンクリート建築物(地下1階、地上8階建)の改修に伴い、現状の劣化状況を把握し、補修工法の検討資料を得るため、目視調査を行い、その結果をもとに補修工法の検討を行ったものです。
調査では、現場において、デジタルカメラ、スケール等を用い、躯体のひび割れ、欠損・欠落、ジャンカ、スリーブの各種劣化症状について、発生箇所、劣化症状を調査し、図面に記入しました (調査項目:下表の通り)。
続いて、得られた調査結果より、各劣化症状をランク分けし、各ランクに対して補修工法を検討しました。

調査状況


調査項目
調査項目 調査内容 部位
ひび割れ 長さ・幅、鉄筋切断の有無 ・スラブ
・梁
・柱
・壁
・天 井
欠損・欠落 縦・横・平均深さ、鉄筋切断の有無
ジャンカ 長さ・幅・平均深さ
スリーブ 径・長さ


調査結果
写真
鉄筋切断のあるスラブ開口部

写真
柱脚アスファルト防水の断面欠損

写真
SRC梁鉄骨下端の未充填部
調査結果
損傷図(一部)


補修工法の検討
補修工法
SRC梁鉄骨下端の未充填部の補修工法


矢印業務事例一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら