(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス/業務事例紹介
  
【業務紹介】  [KEYWORD] 計測管理
ポストテンションT桁橋調査補修・補強設計業務 / 広島県

業務内容
本業務は、道路管理者の点検業務の一環として、橋梁の健全度評価を行うことを目的に、ポストテンションT桁橋の状況を調査し、健全度診断を行いました。さらに、機能を維持していく上で必要となる補修・補強工法についても、検討および設計を行いました。
特に橋梁の形状寸法調査(下表)では、3Dレーザスキャナによる形状測定を行い、損傷図の下図となる橋梁一般図を作成ました。また、応力頻度測定、動的載荷試験を実施し、活荷重により発生する応力度を把握し、耐荷力の検討を行い、補強の要否を判定しました。

調査状況


調査の流れと調査項目
調査項目 調査内容
1.予備調査 1)資料収集
2)現地踏査
2.計画調査 1)損傷形態の推定
2)調査項目の選定
3.健全度調査 1)外観劣化調査(形状寸法調査、外観変状調査、打音調査 )
2)材料劣化調査(鉄筋探査、圧縮強度推定、中性化試験、 自然電位測定、塩分含有量試験)
3)力学特性調査(応力頻度測定、動的載荷試験等)
4.健全度評価 1)損傷形態の確定(変状原因の推定)
2)耐荷力の算定
3)損傷度判定
5.補修・補強設計 1)補修・補強工法の選定
2)補修設計図書の作成
3)概算工事費算出


健全度調査結果
3Dレーザスキャナによる
3Dレーザスキャナによる
形状寸法測定状況
測定結果
測定結果
 
 
鉄筋探査状況
鉄筋探査状況
ひび割れ位置と配筋状況
ひび割れ位置と配筋状況
鉄筋探査結果
鉄筋探査結果
自然電位調査状況
自然電位調査状況
 
  弾性波伝播時間によるひび割れ深さ測定状況
弾性波伝播時間による
ひび割れ深さ測定状況
 
損傷結果図
損傷結果図


補修工法の検討結果
主桁補強一般図
主桁補強一般図


矢印業務事例一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら