(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2015年07月15日
原爆ドーム健全度調査
原爆ドームは1915年に広島県物産陳列館として建設されてから今年で100年、被爆後70年となります。

原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれており、現在ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

広島市では、第2回保存工事以降、原爆ドームの経年劣化等の状況を把握することを目的に、1992年度(平成4年度)から原則3年毎に健全度調査を実施しています。

今回で第8回目となる平成26年度の健全度調査については、弊社が実施いたしました。

調査中の原爆ドーム
 


調査開始前には、関係者全員で慰霊式を行いました。


主な調査内容は以下のとおりです。
1. 外観調査

打診棒及び目視による調査の様子
原爆ドームに発生しているひびわれ、浮き・剥離、石灰溶出、鉄筋露出・腐食、鋼材変形、その他の不良箇所等を目視により観察しました。なお、浮きは、打診棒を使用し、打診により調査しました。
2. 沈下量測定

沈下量調査のために測量鋲の標高を測量

原爆ドームに設置している40か所の測量鋲の標高を測量し、沈下の状況を調査しました。
3. 鉛直度調査

壁体の傾き状況を調査している様子

原爆ドーム壁体の上部と下部に設置した8か所(16地点)の測量鋲を測量し、相対水平距離の差の変化により、傾きの状況を調査しました。
4. 透水試験

原爆ドーム壁体の防水性を確認
第2回保存工事において、表面に浸透性吸水防止剤が塗布されており、この防水剤の効果を把握するため、第2回健全度調査以降、透水試験を実施しています。試験は、原爆ドーム壁体4か所に注水器を貼り付け、水を充填して1時間経過後の水量を計測し、防水性を確認しました。

※広島市では、これまでの原爆ドームに関する調査結果をデータベース化して情報を経年的に一元管理されています。引き続き、このHPでもそのことについてご紹介していきたいと思います。原爆ドーム維持管理システムについて

※下記の広島市HPも、ぜひあわせてご覧ください。
 広島市HP原爆ドームコーナー http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/dome/index.html


トピックス一覧へ戻る
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら