(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2015年01月14日
日本実験力学会 分科会合同ワークショップ2014 参加報告  (報告 : 企画開発部 梅本秀二)

2014年11月28日、29日の2日間、長崎県長崎市伊王島町で開催されました日本実験力学会主催の分科会合同ワークショップ2014に参加しました。

伊王島(面積1.31km2周囲7.1km)と沖ノ島(面積0.95km2周囲5.1km)の2 つの島を合わせて伊王島と呼ばれ、かつては炭鉱の島として栄えた町です。2011年3月27日には伊王島大橋が開通し、長崎市本土と伊王島地区が橋で結ばれました。近年では、島全体が長崎市近郊のリゾート地として開発が進んでいます。





伊王島とコテージ式ホテル
※長崎温泉 やすらぎ伊王島 ホームページ(http://www.ioujima.jp/)より抜粋

分科会合同ワークショップ2014では、「実験力学における計測・データ処理の問題点・ノウハウ・工夫」をテーマに、材料、振動、計測法、発電、宇宙空間、バイオマスといった多岐にわたる講演や発表、活発な討論がなされました。

当社は、「モアレ縞を用いたひずみの計測および可視化技術(ひずみ可視化シート)」について研究成果を報告しました。他にも、デジタル画像をもとに、画像相関法やサンプリングモアレ法を用いて、ひずみ、変位、3次元形状を算出し、それを可視化する手法(光学的計測手法)が多数報告されており、光学的計測の計測手法やデータ処理技術の最新の研究成果を知ることができたのは幸いでした。


会場施設

発表風景

また、発電、宇宙空間、バイオマスなど、我々が業務の中ではなかなか関わることの無い分野の発表も非常に興味深い内容でした。 これからも、建設分野に限らず、今回のような様々な学会等に参加して、他分野の計測技術やデータ処理方法等を学び、そして建設分野にも取り入れながら、皆様のあらゆるニーズに応えて参りたいと考えております。


トピックス一覧へ戻る
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら