(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2014年5月20日
第10回3次元計測フォーラム「SPAR2014J」のご案内

2014 年 6 月 4、5 日の 2 日間、川崎市産業振興会館(川崎市)において、第10 回 3 次元計測フォーラム「SPAR2014J」が開催されます。このフォーラムは、レーザスキャナなど 3 次元計測技術がさまざまな産業分野で活用されるようになってきたことを背景に、世界を代表するハード、ソフトウェア、それに計測サービスの関係者が毎回500人以上集い、最新技術を展示し情報を交換する場です。対象領域は、プラント、土木、建築、移動体計測、文化財、UAV(無人飛行体)を含めた広い用途を対象としています。

UAV(無人飛行体)を用いた構造物調査事例
橋梁・港湾構造物調査点検

特に今回は現在話題の多い「UAV特別セッション」を開催し、我国における先駆者としてNHK (5月9日:ニュースウォッチ9)でも取り上げられた千葉大学 野波健蔵特別教授に基調講演をいただきます。またこのセッションでは、最新のUAVの制御技術のみならずコンピュータビジョン技術(以下CV)を用いた自動3D化などの処理技術や飛行の安全性についても議論が予定されています。
   
コンピュータビジョン(CV)技術を用いた自動3D化例
作成した3Dモデル
剥離、錆などの損傷を確認


弊社は「土木セッション」において、橋梁・港湾構造物の調査点検にUAVあるいは海上から撮影した多視点画像を元にCV技術を用いた「3Dモデル化」、および「ひび割れ抽出技術」を適用した事例を、小沼恵太郎様(パシフィックコンサルタンツ株式会社)、川島 仁様(東亜建設工業株式会社)にそれぞれ専門技術者の立場から今後の方向性や課題について紹介していただきます。
また「UAV特別セッション」では、これまで軍艦島のモニタリングに応用した事例も含め、最新のUAV技術動向などの司会進行についても担当させていただきます。

  
参加ご希望の方は、こちらのHPから会議(有料)チラシおよび展示会無料招待状を出力してご参加ください。
★SPAR2014J公式サイト:http://www.sparj.com/   (プログラム)


トピックス一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら