(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2006年10月24日
国際学会「IABMAS’06」への参加
2006年7月16日から20日にポルトガルのポルトで、IABMAS’06(International Association for Bridge Maintenance and Safety)「橋梁の維持、安全、管理に関する国際会議」が開催されました。この会議は2年おきに開催され、バルセロナ、大阪に続いて、今回で第3回目になります。

当社は、橋梁のモニタリングに関して、「The current status of SHMBM engineering」について発表しました。38あるテーマの中でモニタリングに関するテーマが8、さらに試験、調査に関するテーマとあわせると14になり、維持管理における現場での情報の取得とその活用に関する研究、開発が盛んに行われていることが窺われました。橋梁の維持管理を行うためにも実際の劣化、損傷状態を客観的な情報として把握し、それを評価することが、橋梁の長寿命化ひいてはLCCの低減に繋がります。モニタリング技術は、今後もセンサ技術、遠隔・非接触で行うセンシング技術、非破壊検査技術などの要素技術がさらに進歩し、ユビキタス社会のインフラと融合すれば維持管理社会を支えるための安価で、安全で、さらにより信頼性の高い情報を提供する技術となると考えます。

>>発表論文(PDF,404KB)  「The current status of SHMBM engineering」
オープニングセレモニー
IABMAS’06 オープニングセレモニー
会場近くの風景 とドン・ルイスT世橋
会場近くの風景 とドン・ルイスT世橋

 
トピックス一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら