(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2005年7月25日
「実習で学ぶ コンクリート診断」第2回・第3回講習会の開催

以前、最近のトピックス(05/06/16掲載)でお知らせした、日経コンストラクション(日経BP社)主催の「実習で学ぶコンクリート診断」の第2回講習会、第3回講習会が、それぞれ2005年6月16日〜17日、6月30日〜7月1日に開催されました。
本講習会では、当社東京事業部の松井義昌が2日目の講師を担当しており、「各種診断方法の特色と検査機器実習」と題して、コンクリート診断の概要説明を行った後、それらの具体的な実習を行いました。今回の講習会でも第1回目の講習会と同様に、実際の現場に携わる技術者のみなさんが多数参加してくださり、実践に即した意義ある講習会が開催できたことと思います。
   講習会の様子

[講習会実習内容]

1日目:コンクリート構造物診断の手順と診断事例
 講 師 : 千代田コンサルタント 構造・保全部長 肥田研一氏(コンクリート診断士)
 会 場 : 中央工学校 21号館(STEP)研修室

2日目:各種診断方法の特色と検査機器実習
 講 師 : 計測リサーチコンサルタント 保全技術担当 松井義昌(工学博士)
 会 場 : 中央工学校 2号館第7実験実習室(建設材料実験室)
 講習内容 : 目視調査
圧縮強度: 反撥硬度法(シュミットハンマー)
中性化:フェノールフタレインによるドリル法
ひび割れ深さ:超音波
空隙探査:赤外線法
鉄筋探査:電磁波法、電磁誘導法(RCレーダー)



 
トピックス一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら