(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

トピックス一覧へ
 

 【トピックス】 掲載日:2005年7月13日
OSMOS技術委員会への参加

OSMOS(Optical Strand Monitoring System)は、フランスのOsmos社が開発した光ファイバーセンサーによる構造物モニタリングシステムです。日本では日揮株式会社が、国内独占実施権を取得しており、そのもとで構成するOSMOS技術協会は、15社で構成され、当社は正会員として活動に参加しています。 
OSMOS技術協会では、意見交換や技術的な情報交換を目的に、2ヶ月に1度委員会が召集されます。
2005年6月27日に行われた委員会では、魚本先生(東京大学生産技術研究所教授)による「非破壊検査と劣化診断」と題した特別講演会が併せて開催されました。講演会では、コンクリート構造物における非破壊劣化診断技術としての光ファイバーセンサーの活用方法について紹介がありました。

光ファイバーセンサーOSMOSの詳細
OSMOS技術協会公式ウェブサイト


OSMOS技術協会の活動
OSMOS技術協会は、OSMOS技術の普及と向上発展のため、技術開発を行るとともに様々な活動を行っています。

「2003年度京都大学延命化プロジェクト」に参画
橋梁・道路などの社会資本ストックの延命化の方策について検討を行う上記プロジェクトに、当協会の正会員が参画し、当協会はそのバックアップを行いました。2004年には、実橋による実証実験や計測を行いました。

「コンクリート構造物の劣化診断に関する研究委員会」に参加
(財)生産技術研究奨励会主催の特別研究会「コンクリート構造物の劣化診断に関する研究委員会(代表幹事:東京大学生産技術研究所教授 魚本健人)」に参加し、劣化橋梁の維持管理の方向性について研究活動を行っています。

 
トピックス一覧へ戻る

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら