(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

技術サービス/主な技術一覧/赤外線法(サーモグラフィー法)
 
EMセンサー
ピークセンサー
光ファイバー計測システム
FSFレーザ
長距離型3Dレーザスキャナ
短距離型3Dレーザスキャナ
水中3Dスキャナ
走行型連続画像計測システム
軌道変位測定システム
棒形スキャナ
赤外線法
スリット応力解放法
トンネル覆工温度管理システム
埋立工事施工管理システム
騒音振動監視 サイレントロボ
土砂災害 斜面防災監視システム
埋蔵文化財データベース倭国
ピークセンサー
赤外線法(サーモグラフィー法)とは

近年、定期報告が適切に行われなかったことが一因と思われる建築物やエレベーターなどの事故が相次いだことから、平成20年4月1日に定期報告制度(建築基準法第12条)の改正(※1)が行われました。

この全面打診調査ですが、特に高所の調査を行うには足場を組む必要があるため多くの費用と時間がかかります。 そこで、当社では、打診調査の代替調査(※2)として赤外線カメラによる劣化調査を行っています。赤外線カメラを使用することにより、外壁タイルの浮き・剥離の部位を足場なしで短時間のうちに検出できます。また、非接触調査であるため、建築物を傷めません。
赤外線カメラによる外壁調査状況
赤外線カメラによる外壁調査状況
特に当社では、より分かりやすい調査結果をみなさまにお届けするために、640×480画素の熱画像を使用しています。通常の熱画像が320×240画素であることを考えると4倍の解像度であり、より鮮明な調査結果が得られます。加えて、熱画像と可視画像を同時撮影し、重ね合わせる合成画像も作成できます。これにより、熱画像だけでは分かりにくかった劣化部の検出が容易になりました。 その他、赤外線カメラは、コンクリート構造物の劣化部の検出や、断熱材の断熱効果の検証など様々な分野で使用できます。
 
※1 定期報告制度とは、多くの人が利用する一定規模以上の特殊建築物(建築基準法別表第1)や建築設備、昇降機等について、維持管理状況を定期的に各特定行政庁に報告する制度です。この中で、竣工後10年を経過した特殊建築物については、新たに外壁タイル等の全面打診等による調査が義務付けられました。
※2 外壁劣化調査法は「全面打診等」とあり、赤外線カメラによる調査が認められています。但し、特定行政庁により異なる場合がありますので、確認が必要です。




赤外線法(サーモグラフィー法)の測定原理

コンクリートの欠陥部と健全部は、外部から熱エネルギーを受けるとコンクリート表面に温度差を生じます。サーモグラフィー法は、この表面温度差を赤外線カメラで撮影することにより、外壁表面の温度に対応して放射されている赤外線量を熱画像として捉え、その温度差より、外壁のモルタル仕上げ及びタイル仕上げの浮き、剥離を正確に診断する方法です。
原理
測定原理



赤外線法の特長

1 診断のための足場等大掛かりな準備が不必要。調査時間の短縮と低コストの実現が可能
2 従来の調査方法の調査期間と比較して約1/3の日程で診断作業を行うことが可能
2 非破壊、非接触なので、調査対象物を傷つけることなく遠く離れたところからでも調査が可能
2 最小検知温度差は0.06℃。タイル裏面で直径8cm以上の剥離について検知可能
2 640×480画素の高解像度熱画像を使用(従来の4倍)
高解像度画像により、劣化部がより精度よく検出できます
従来画像
従来画像(320×240画素)
今回画像
当社熱画像(640×480画素)

2 熱画像と可視画像との合成画像の作成が可能
熱画像と可視画像を当時計測し、重ね合わせます。
これにより熱画像だけでは分かりにくかった劣化部の検出が容易になります。
可視画像
可視画像
熱画像
熱画像
合成画像
合成画像(可視画像+合成画像)
 
7 温度差分表示が可能
温度差分表示 
任意の2点間の温度差をリアルタイムに測定可能です。
建築物の断熱効果の検証や、モータなど設備機器の異常発熱の検知などに最適です。



12
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら