(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

技術サービス/主な技術一覧/斜面防災監視システム
 
EMセンサー
ピークセンサー
光ファイバー計測システム
FSFレーザ
変位監視システム ハイポス
長距離型3Dレーザスキャナ
短距離型3Dレーザスキャナ
水中3Dスキャナ
走行型連続画像計測システム
軌道変位測定システム
棒形スキャナ
赤外線法
スリット応力解放法
トンネル覆工温度管理システム
埋立工事施工管理システム
騒音振動監視 サイレントロボ
土砂災害 斜面防災監視システム
危険水位警報システム
埋蔵文化財データベース倭国
ピークセンサー

土砂災害斜面防災監視システムとは

台風や集中豪雨などによって起こる土砂災害は予測が難しく、これまでも各地に甚大な被害をもたらしてきました。また、土砂災害危険箇所として、土石流危険渓流 183,863箇所、地すべり危険箇所 11,288箇所、急傾斜地崩壊危険箇所 330,156箇所が全国で指定されています。(砂防便覧(平成14年版))
そこで、当社では、それら土砂災害危険箇所における効率的かつ、経済的な防災監視システムを開発しました。現場の雨量、センサー、監視カメラ等の情報は、リアルタイムでモニタリングできます。また、現場に出向くことなく、迅速に確実なデータが取得でき、緊急を要する情報下でも有効に機能します。そして、これらの情報を基に、現場の状況を容易に把握することができます。
土砂災害
土砂崩れ



システムの特長

1パソコンを中心としたシステムなので、簡単操作、しかも低コスト
2センサーと画像を用いた、モニタリングシステム
2異常を感知すると即座にアラーム(警報)を発信
2最適なシステム構築、観測網の 企画検討までトータルに支援
2太陽電池の使用で、災害時でも 威力を発揮



斜面防災監視システムの構成

土砂災害危険箇所では現場の監視を行うため、雨量計、センサー、監視カメラを設置します。それらの情報は、監視パソコンでリアルタイムに確認することが可能です。

システム構成
監視カメラのモニター画面
監視カメラのモニター画面
データ表示画面
データ表示画面



監視項目

項 目 計測機器
降雨量 雨量計
河川水位 水位計
土石流の検知 断線センサー
地盤の移動変動 地すべり計,伸縮計,変位計
地盤傾斜変動 傾斜計
すべり面位置 パイプ歪計,挿入式傾斜計
現場状況 監視カメラ



システム構築の流れ

1土砂災害危険箇所の現地踏査
2システム設計・製作(現場に適した観測機器の選定と配置の検討)
2監視カメラ・センサー等の設置
2総合調整
2監視開始



Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら