(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

技術サービス/主な技術一覧/サイレントロボ
 
EMセンサー
ピークセンサー
光ファイバー計測システム
FSFレーザ
長距離型3Dレーザスキャナ
短距離型3Dレーザスキャナ
水中3Dスキャナ
走行型連続画像計測システム
軌道変位測定システム
棒形スキャナ
赤外線法
スリット応力解放法
トンネル覆工温度管理システム
埋立工事施工管理システム
騒音振動監視 サイレントロボ
土砂災害 斜面防災監視システム
埋蔵文化財データベース倭国
ピークセンサー
騒音振動監視システム「サイレントロボ」とは

近年、建設現場では近隣住民や周辺施設(学校、病院等)への影響に配慮し、建設中の騒音振動の常時監視や、近隣住民への測定情報の開示が必要となっています。 
本システムは、現場周囲の騒音・振動データを長期間自動監視し、管理値の段階に応じて、2種類の回転灯により警報を発報するシステムです(オプションにより、監視室などの遠隔地への警報通報が可能)。 処理装置本体は全天候型屋外設置タイプで、騒音計、振動計の測定データはメモリカードに蓄積され、それを持ち帰って、日報・月報として出力することができます。 
更に風速計や温度計などの環境センサーを取り付けることにより、風速、気温などのデータも併せて測定することが可能です。

オプション機能で、メール通報システムもあります。
  ぜひあわせてご覧ください。
サイレントロボ
騒音振動監視システム
サイレントロボ

サイレントロボ説明図
※各センサーと処理装置本体は最大100mまで延長可能。



システムの特長

1全天候型屋外設置タイプ
2長期間無人測定が可能(リアルタイム測定)
2管理値の段階に応じて、黄色、赤色回転灯の2段階出力により警報を知らせます
(例)黄色警報:管理目標値の監視、赤色警報:規制値の監視
   ※警報信号を監視室などの遠隔地へ通報が可能(オプション)
2標準でセンサーは4台まで増設可能。 (最大8台まで)
2メモリカードに蓄積されたデータを持ち帰り、日報・月報を作成することが可能
2測定結果をリアルタイムに電光掲示することが可能
7本装置は、省エネ設計で、電源はAC100Vで使用可能



主な用途

・建設作業現場、解体作業現場で発生する騒音・振動監視
・工場などの生産現場で発生する騒音・振動監視
・道路や鉄道などの騒音振動監視



サイレントロボ機器外観概略図

測定装置



システム構成例

構成


測定機器(センサー)

騒音計 NL-21 JIS C 1502:1990 製造元:リオン株式会社
センサー
騒音計本体
センサー
センサー部分
測定機能(主演算) 騒音レベルLp、等価騒音レベルLeq、
単発騒音暴露レベルLE 騒音レベルの最大値Lmax、最小値Lmin、
時間率騒音レベルLN(任意に選択された5値)
測定時間 10秒、1、5、10、15、30分、1、8、24時間
および手動(最長200時間)
周波数重み特性 A特性、C特性、FLAT特性
測定レベル範囲 ・A特性:28〜138dB
・C特性:33〜138dB
・FLAT特性:38〜138dB
・C特性ピーク音圧レベル:55〜141dB
・ピーク音圧レベル:60〜141dB
リニアリティレンジ 100dB
測定周波数範囲 20〜8000Hz

振動レベル計 VM-53A JIS C 1510:1995 製造元:リオン株式会社
センサー
振動計
センサー
振動ピックアップ
振動ピックアップ PV-83B 3方向振動ピックアップ:PV-83C
防水性:JIS C 0920
保護等級7(防浸形)
寸法・重さ:φ67×40.7 mm、
約335 g(接続コード除く)
測定レベル範囲 振動レベル: Lv-Z 25〜120dB、Lv-X,Y 30〜120dB
振動加速度レベル: Lva 30〜120dB
測定周波数範囲 (振動レベル・加速度レベルとも)1〜80Hz



Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら