(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

技術サービス/主な技術一覧/危険水位警報システム
 
EMセンサー
ピークセンサー
光ファイバー計測システム
FSFレーザ
長距離型3Dレーザスキャナ
短距離型3Dレーザスキャナ
水中3Dスキャナ
走行型連続画像計測システム
軌道変位測定システム
棒形スキャナ
赤外線法
スリット応力解放法
トンネル覆工温度管理システム
埋立工事施工管理システム
騒音振動監視 サイレントロボ
土砂災害 斜面防災監視システム
危険水位警報システム
埋蔵文化財データベース倭国

危険水位警報システム「KRC-SSLS-U」とは

近年では、気象の変化により、梅雨や台風といった時期以外にも、局地的な豪雨による災害が各地で発生しています。 このような被害を未然に防ぐためには、河川の水位を常時監視し、危険水位に達したら、いち早く近隣住民に通報することが必要となってきます。しかし、一級河川のような大規模河川であればいざ知らず、中小河川では、なかなかそこまで手が回らないというのが実状です。

そこで、当社の危険水位警報システム「KRC-SSLS-U」が最適です。本システムは、大雨などによる河川の危険水位を自動検知・通報するシステムで、小型・低価格のため、小規模河川までを含めた広範囲の監視に適しています。水位の上昇は、水面自動検知センサーで段階的に検知し、危険水位に達したら、防災センターや消防署などに通報します。通報用として、水位上昇時のみにバッテリー電源を使用するので、停電時にも通報が可能です。また、樋門の水位管理や砂防ダムにおける危険水位の自動検知通報にも適しています。
 
システムイメージ



システムの特長

1大雨などによる河川の危険水位を自動検知・通報します
2小型・低価格のため、広範囲の監視に適しています
2持続的な河川支流水位監視が可能で小規模集落の安全に貢献します
2通報用電源はバッテリー電源を利用し、水位上昇時のみに作動します



システムの構成





システムの展開

中小河川や砂防ダムなどに水面検知センサーを設置し、それらの広域情報を簡便・安価に収集、管理することができます。
展開



Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら