(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

技術サービス/主な技術一覧/変位監視システム ハイポス
 
EMセンサー
ピークセンサー
光ファイバー計測システム
FSFレーザ
変位監視システム ハイポス
長距離型3Dレーザスキャナ
短距離型3Dレーザスキャナ
水中3Dスキャナ
走行型連続画像計測システム
軌道変位測定システム
棒形スキャナ
赤外線法
スリット応力解放法
トンネル覆工温度管理システム
埋立工事施工管理システム
騒音振動監視 サイレントロボ
土砂災害 斜面防災監視システム
危険水位警報システム
埋蔵文化財データベース倭国
ハイポス

【変位監視システム「ハイポス」】

適用事例

JR東日本の主要営業線における軌道管理
JR東日本東北本線浦和駅付近高架化工事に伴う軌道直下を横断する幹線道路(都市計画道路)の整備工事において、主要営業線の軌道管理を実施するために、変位監視システム「HyPoS−ハイポス−」を使用しました。
本事例では、主要営業線の軌道に測点(プリズム)を5m間隔で1軌道あたり10測点設置し、軌道部の変状(鉛直変位(高低)、水平変位(通り))を自動計測しました。特に今回の事例では、トータルステーション(以下TS)の同一視野内に複数の測点(プリズム)が入るため、シャッター付きプリズム(シャッターコントローラで制御)を15台取り付け、1台のTSで全測点の計測を可能としました。本計測による軌道管理計測結果は、線路閉鎖が取れない昼間の施工に対して、特に有効に反映されています。
現場
計測現場全景

基準用プリズム
基準用プリズム
測定用プリズム(シャッターコントローラ付)測定用プリズム(シャッターコントローラ付)
シャッター付測定用プリズム
※測定時にシャッターが開きます(写真左)

[設置計器一覧]
測定項目 計測目的 使用計器 設置場所
軌道部の変状
・鉛直変位(高低)
軌道の鉛直変位を測定して安全か否かを判定
・水平変位(通り)
軌道の水平変位を測定して安全か否かを判定
TS(TCA2003)
HyPoS
1セット
プリズム 営業線
10台/軌道×4
貨物線壁部 4台
既設橋台部 4台
立坑土留壁の変位 掘削による土留頭部の
変位を把握
プリズム 仮設土留頭部 
4台
既設土留壁の変位 土留壁変位による影響把握 プリズム 既設擁壁頭部 
6台
基準点 トータルステーション
位置検出補正用
プリズム 6台
温 度 温度変化による影響を把握 熱電対 4点

計器設置平面図

 

12
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら