Home
SERVICE:当社の技術サービス調査技術>透気試験(トレント法)
 
透気試験(トレント法)

 コンクリートの鉄筋腐食は、水分や酸素、二酸化炭素、飛来塩分の浸透によって発生し、促進されます。これらは、コンクリート表層部の緻密性(透気性能)と関係があることから、かぶり厚とともにコンクリート表層部の品質確認が耐久性能を考える上で非常に重要です。透気試験により、表層コンクリートの品質を非破壊で確認することができます。

 
主な特長
① 2チャンバーセルのため、測定箇所周辺の影響を受けにくい
② 完全非破壊式のため、全く測定痕が残らない
③ 繰り返し試験可能で、再現性は高い
④ 自動で測定し、その場で結果を表示
⑤ 現場・試験室両方で使用可能

機器仕様
 
 セル  2チャンバーセル
 範囲測定  KT<1000×10-16m2
 分解能  0.001×10-16m2
 表示  LCD(タッチパネル方式)
 メモリー  最大1000データ
 通信  USB
 環境温度  5℃~30℃
 環境湿度  <80%
 電源  AC110-240V
 重量  約10.0kg(ポンプ含む)

主な用途
・表層コンクリートの品質確認(施工不良等)
・表層改質材や表面塗布材の効果確認
・塗膜性能の確認

 
適用事例
・橋梁
・トンネル
・ボックスカルバート
・試験体
・その他コンクリート構造物

 
透気係数によるコンクリートの品質クラス分け
 
透気係数
×10-16m2
評価
0.001~0.01
0.01~0.1
0.1~1 一般
1~10
10~100 極劣
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら