Home
SERVICE:当社の技術サービス調査技術>赤外線法(サーモグラフィー法)
 
赤外線法(サーモグラフィー法)

 赤外線サーモグラフィ装置を用いて、物体の表面温度分布を熱画像として記録し、タイルやモルタルなどの仕上げ材、コンクリートの浮き・剥離を検出します。


 
主な特長
① 足場を必要としないため、コストや工期を削減することができます。
② 遠方から非破壊・非接触で迅速かつ安全に調査することができます。
③ 調査中でも対象構造物は通常通り利用ができます。(病院、商業施設、共同住宅など)

測定原理
 コンクリートの欠陥部と健全部は、外部から熱エネルギーを受けるとコンクリート表面に温度差を生じます。サーモグラフィ―法は、構造物の表面温度分布を赤外線カメラで熱画像として撮影し、その温度差より、モルタルやタイルなどの仕上げ材やコンクリートの浮き、剥離の有無および範囲を検出する方法です。
 

 
健全部
 熱がスムーズに移動するので、
 仕上材の表面温度は全体と同じ。
浮き部
 空気層が熱の移動を遮るので、
 仕上材の表面温度は高温。

機器仕様
 
 製品名・型式  
 サーモトレーサTH9260
 温度測定範囲  -40℃~500℃
 最小検知温度差  0.06℃~0.30℃ (at 30℃) レンジ設定による
 測定精度  ±2%(読み取り値)または±2℃ いずれか大きい方
 検出器  2次元非冷却センサ(マイクロボロメータ)
 測定波長  8~13μm
 瞬時視野角  0.6mrad
 焦点範囲  30cm~∞
 視野角  水平21.7°×垂直16.4°
 熱画像画素数  640(H)×480(V)ドット
 外形寸法  約110(W)×110(H)×210(D)mm(突起部含まず)
 質量  約1.9 kg(バッテリ含む)
 バッテリ駆動時間  約1時間20分
 電源  DC7.2V


摘要事例
・建築物の定期点検に伴う外壁仕上げ材の浮き調査 ・・・・・・・・・・・ 点検、第三者被害防止
・構造物の改修・補修に伴う外壁仕上げ材やコンクリートの浮き調査 ・・・ 補修検討
・跨線橋、道路橋の経年劣化に伴うコンクリートの浮き調査 ・・・・・・・ 点検、第三者被害防止
・擁壁の鉄筋腐食に伴うかぶりコンクリートの浮き調査 ・・・・・・・・・ 補修検討
・のり面の老朽化に伴う吹付モルタルの浮き調査 ・・・・・・・・・・・・ 補修検討、第三者被害防止
 
 
建築物の外壁タイルの浮き事例

 
 
擁壁の浮き事例

 
 
床版下面の浮き事例

 

 
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら