Home
SERVICE:当社の技術サービス3次元計測技術>水中3Dスキャナ
 
水中3Dスキャナ
水中3Dスキャナ( BV5000-1350 )
 この水中3Dスキャナ(BV5000-1350)は、Blue View社の高周波数測深用ソナーを搭載し、河床・海底や水中の構造物を高精度に3次元計測することができます。
 
主な特長
①水中音波(ソナー)技術を採用しているため、濁った不透明な水中(視界ゼロ)でも計測できます
②水中での高精度・高密度の3Dスキャンを実現します
③45°x 360°の範囲を短時間(約6分)で3Dスキャンします
④水中構造物のデータを地上型3Dレーザースキャナのデータあるいは画像データと統合することができます

 
機器仕様
 
 モデル名  BV5000-1350
 パンスキャン範囲  45°×360°
 チルトスキャン範囲  -65°×65°
 視野角  45°×1°(扇状)
 最大計測距離  30 m
 最適計測距離  1~20 m
 計測可能深度(耐圧)  50 m(300 m)
 発信間隔  最大40 Hz
 ビーム数  256
 ビーム幅  1°×1°
 ビーム間隔  0.18°
 時間分解能  1.5 cm
 データ出力フォーマット  .son, .off, .xyz
 外形寸法  26.7 x 23.4 x 39.1cm
 重量(空中/水中)  9.84kg / 3.72kg
 電源  AC100V

 
主な用途
・河床、海底の3次元の地形測量
・河床変動測量
・水中構造物(港湾・橋脚・ダム・消波ブロック等)の現況調査
・ダムの堤体調査と放流池の洗掘測量
・河床、海底文化財の調査

 
適用事例
 
取水水門付近の堆砂状況調査 ・・・維持管理 
橋脚基礎、ダム放流地の洗堀調査 ・・・維持管理
水中の掘削残土の状況調査 ・・・品質管理
水中掘削工事における出来形管理 ・・・出来形管理 
橋脚水中部の形状計測および基礎部周辺の地形測量 ・・・補修・補強設計(維持管理)
水中のパイプラインの現況調査 ・・・維持管理
護岸の現況調査 ・・・維持管理
 

1級河川の取水水門の計測事例

 
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら