Home
SERVICE:当社の技術サービス3次元計測技術>モバイルレーザスキャナ
 
モバイルレーザスキャナ
モバイルレーザスキャナ KAARTA「STENCIL」
 GNSS不要で、屋内外のリアルタイムローカライゼーション(自己位置推定)&マッピング(地図生成)が可能な3Dマッピングユニットです。スキャナはVelodyne LiDAR社のVLP-16を使用しています。この小型機器内でリアルタイムにVLP-16とカメラデータを統合処理し、非常に狭い環境や広いフィールド、特徴点が少ない場所でも3D点群を取得できます。


 
主な特長
① GNSSでは計測が困難な木やビルの陰に隠れる環境や屋内、地下空間でも使用できます。
② 小型軽量のため、手持ちでの計測が可能です。
③ 内蔵の小型PCにモニタを接続することで計測の操作やファイル管理が可能です。
④ データはリアルタイムに自動合成し、統合された点群データとして出力が可能です。

仕様
 
モデル名 STENCIL
スキャナ Velodyne VLP-16
測定距離 1~100m
測定点数 約300,000点/秒
視野 360°×30°(±15°)
精度 ±3㎝(1σ@25m)
カメラ 640×360@50Hz
IMU 6DoF-MEMS X,Y,Z,Roll,Pitch,Yaw
レーザクラス 1
ファイル形式 .ply, .las
バッテリー持続時間 2時間
外形寸法 162mm×111mm×141mm
重量 約1.5kg
動作電源 DC12~19V

主な用途
・MMS等では困難な狭い道路の計測
・地下空間の計測
・構造物内部などの閉塞空間の計測
・森林内の計測
 
適用事例
事前調査としての簡易3D計測・・・・・・・・現地踏査、計画
砂防堰堤の現況調査・・・・・・・・・・・・維持管理、防災
工場内設備の現況調査・・・・・・・・・・・維持管理
 

砂防堰堤計測状況

計測データ(データは標高差により段彩表示)
 

破損ブロック
 

断面表示

 
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら