Home
SERVICE:当社の技術サービス3次元計測技術>UAV LiDAR
 
UAV LiDAR
 UAVに2DレーザスキャナとGNSS/IMUを搭載し、対地高度150mで航空機LiDARより高密度な点群の取得が可能です。データは計測中にリアルタイムで地上のPCで確認が可能であり、欠測などのリスクを大幅に低減できます。
  木々の合間から地表データを取得可能であり、フィルタリング処理により地表面のみのデータ抽出が可能です。
 UAV-LiDARパンフレット
 UAVを用いたインフラ点検パンフレット


 
主な特長
① 比較的小型のため持ち運びに便利で、コストパフォーマンスにも優れています。
② 航空LiDARより高密度な計測が可能なので、詳細に現況を把握することができます。
③ リアルタイムに取得データを確認できるため、計測漏れを防ぐことができます。
④ 樹木下のデータ取得が可能です。

仕様
 
 レーザ 型式  Mini VUX-1 UAV
 機器イメージ
 重量  1550g
 測距能力
 (自然物ターゲットに対して)
 250m 反射率@60%
 150m 反射率@20%
 回転数  10-100scans/sec
 リターンの最大数  100kHz
 レンジ分解能  10mm
 精度  15mm(1σ@150m)
 最大パルス繰返し率  100,000/sec
 FOV(計測視野角)  360°
 レーザクラス  1
 外形寸法  242×99×85mm

 IMU  μIMU-1
 機器イメージ
   航空機搭載とほぼ同程度のIMUを搭載
 水平位置  0.02m
 垂直位置  0.03m
 速度  0.01m/s
 ピッチ&ロール  0.005°
 ヘッディング  0.009°

 システム名  RIEGL mini-UAVシステム
 機器イメージ
 絶対精度  20~30mm RMSE @ 75mの範囲
 全体重量  3.5kg
 動作温度  -10℃~40℃
 使用するUAV機体  Matrice600Pro
 
 
主な用途
・災害調査
・砂防調査
・河川、海岸調査
・樹木調査
・遺跡調査
 
摘要事例
土砂災害箇所の災害査定資料作成・・防災、補修設計
河川の断面調査・・・・・・・・・・維持管理
斜面の状況把握・・・・・・・・・・防災
・樹木下の遺跡調査・・・・・・・・・文化財調査

 
東広島災害対応計測状況
 
現地踏査で安全にUAVを飛行させるための離発着場所を確保 GNSSの捕捉が困難な樹木に覆われた閉鎖空間 計測中の点群取得状況をリアルタイムに地上のPCで確認

 
取得点群データ例
 
コース間調整、ノイズ除去後の点群データ フィルタリング処理を行ったグラウンドデータ グラウンドデータからサーフェスモデルを作成

Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら