Home
SERVICE:当社の技術サービス3次元計測技術>モーターパラグライダ LiDAR
 
モーターパラグライダ LiDAR
 モーターパラグライダ(モーパラ)は、従来のパラグライダにエンジンユニットを取り付けた有人の飛行体です。このモーパラに、2Dレーザスキャナ、GNSS/IMU、PCからなるレーザ計測システムを搭載し、パイロットが目視により安全に飛行しながらレーザ計測を行います。UAVの場合、 樹木や高圧電線等の障害物に触れて墜落するリスクがありますが、モーパラの場合はパイロットの目視飛行のため墜落を回避できます。
モーターパラグライダLiDARパンフレット
広範囲の地形3D計測パンフレット
 
主な特長
① 1回の飛行可能時間が4時間程度と長く、飛行速度は時速30kmと速いため、広範囲を短時間で計測できます。
② UAVのような飛行規制がないので、安全に飛行できる場所であればどこでも飛行可能です。
③ 航空LiDARのように、大掛かりな機器を必要としないためコストパフォーマンスに優れます。
④ 航空LiDARと比べ、高い計測点密度でデータを取得できます。

仕様
 
 レーザ 型式  Mini VUX-1 UAV
 機器イメージ
 重量  1550g
 測距能力
(自然物ターゲットに対して)
 250m 反射率@60%
 150m 反射率@20%
 回転数  10-100scans/sec
 リターンの最大数  100kHz
 レンジ分解能  10mm
 精度  15mm(1σ@150m)
 最大パルス繰返し率  100,000/sec
 FOV(計測視野角)  360°
 レーザクラス  1
 外形寸法  242×99×85mm

 IMU  μIMU-1
 機器イメージ
   航空機搭載とほぼ同程度のIMUを搭載
 水平位置  0.02m
 垂直位置  0.03m
 速度  0.01m/s
 ピッチ&ロール  0.005°
 ヘッディング  0.009°

 システム名  RIEGL mini-UAVシステム
 機器イメージ
 絶対精度  20~30mm RMSE @ 75mの範囲
 全体重量  3.5kg
 動作温度  -10℃~40℃
 
 モーターパラグライダ  エンジンユニット  X-C TOP80 1250
 キャノピー  サングライダー レイザーM
 
主な用途
・災害調査
・砂防調査
・河川、海岸調査
・樹木調査
・遺跡調査
 
摘要事例
土砂災害箇所の状況調査・・・・・・防災、補修設計
河川の断面調査・・・・・・・・・・維持管理
斜面の状況把握・・・・・・・・・・防災
広範囲の地形計測・・・・・・・・・維持管理
 

レーザ(miniVUX-1UAV)

モーパラLiDARで計測したオリジナルデータ(DSM)、グラウンドデータ(DEM)陰影図


Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら