Home
SERVICE:製品のご案内>EMセンサー
 
EMセンサー
棒状鋼材の応力測定センサー
 磁歪を応用してケーブルやストランド等の軸応力(張力)を簡易かつ安価に計測するセンサーです。グランドアンカーケーブルやプレストレストコンクリートにおけるPC鋼線の緊張力管理、維持管理のためのモニタリングに適しています。

EMセンサー A4版カタログ
特許第3942463号
NETIS登録 CG-140020-VE
広島県公共土木施設の『長寿命化に資する技術』区分3:活用促進を図る技術
 
主な特長
①ひずみでなく、直接応力を測定します(ケーブルの伸びに無関係です)
②現有実応力を直接測定することができます
③定着端部のみでなく、任意位置へ設置することができます
④被覆の上からそのまま測定可能です
⑤構造体に貼り付けたり固定する必要がありません
⑥長期耐久性に優れています
 
EMセンサーの適用条件
・キャリブレーションが可能な鋼材であること(不明鋼材でないこと)。
・設置スペースが確保できること。
・計測対象とEMセンサーの間に強制磁性体(鋼製シース等)がないこと。
・気中であること(水中不可)。
・計測対象が腐食していないこと。
・計測頻度が密でないこと(動的計測不可)。

仕様
 
 センサータイプ  先行挿入型,現地製作型
 測定範囲  応力:0~σ N/mm2(弾性領域内)
温度:-50 ℃~100 ℃
 測定精度  応力:作用応力の±3%
温度:±1.5 ℃
 印加電圧  100~400 V
 形状寸法  形状・寸法一覧表参照
※被測定体に応じ、個別に設計いたします。
 標準付属品  専用信号線 L=30m
※必須オプション:固定治具

形状・寸法一覧
 
No. 素線種 内径d(mm) 外径D(mm) 長さL(mm)
1 1S21.8 51 88 212
2 1S28.6 51 88 212
3 12S12.7 81 118 254
4 12S15.2 100 138 282
5 19S15.2 125 189 283
 


測定原理
 応力(σ)を受ける磁性材の結晶変化と磁気特性変化は、応力に依存します。無応力時の透磁率(μ)をあらかじめ測定しておけば、現時点の応力は、磁気特性-応力の関係から検出することが出来ます。
※EMセンサーを使用するにあたって、校正係数(m)を求めるために、キャリブレーションが必要となります。
 
 

 
主な適用例
 鋼構造物  斜張橋,吊り橋,鋼製桁,スペース構造
 コンクリート構造物  アウトケーブル,インナーケーブル,PCテンドン,RC鉄筋
 土構造物  グラウンドアンカー,タイロッド

 
関連製品
 
 
測定器

スイッチボックス
 

 
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら