(株)計測リサーチコンサルタント サイトマップサイト内検索ENGLISH

会社について/当社の仕事/社会基盤の維持管理


現在、道路・橋梁等の公共インフラの維持管理が問題になっています。時代は確実に建設から維持・管理へ移行しています。
そのような背景にあって、私たちは現場における様々な点検、調査、監視(モニタリング)、診断を通じて、これら構造物の変状を工学的情報として精度よく収集し、今後の進行を的確に予測し、補修設計等、様々な角度から対応します。
モニタリングや、非破壊検査などを通して、構造物診断を適切に行い、構造物の性能を確保しながら長寿命化を図ります。

■主な業務内容

-主なモニタリング-

構造物耐久性モニタリング
・中性化・塩害・凍害
・アルカリ骨材反応
・化学的腐食
・床版疲労
 

構造物耐荷性モニタリング(橋梁等)
・ケーブル張力
・テンドン張力変化
・たわみ変化
・振動特性
・構造物の応答

明石海峡大橋モニタリング例


-主なコンクリート構造物診断技術-
  • RCレーダ(配筋調査)
  • 反発硬度法
  • コアボーリング
    (圧縮強度、中性化、アル骨、塩害等)
  • 棒型スキャナ
    (小径コアによる内部画像撮影)
 
  • 超音波法
  • 衝撃弾性波法
  • 自然電位法
  • X線透過法
  • 赤外線法

RCレーダ(配筋調査)

反発硬度法

圧縮強度試験

超音波法

赤外線法

棒型スキャナ


戻る
Copyright (株)計測リサーチコンサルタント - All Rights Reserved
お問合せはこちら